ノロウイルスに感染しないために対策しよう

レディ

薬の処方

メンズ

薬による治療で症状を和らげることができる

ノロウイルスに感染してしまった場合、自宅での治療を施すことが必要になってきます。基本的に薬による治療が有効となるでしょう。また、小さな子供や老人の場合は重症化することもありますが、90パーセント以上の患者が点滴や投薬を必要としない治療をすることができます。基本的にノロウイルスに対してのワクチンや抗ウイルス剤は現時点ではありません。その為、病院でできることは症状を把握して、症状を和らげるための治療です。病気かどうかを調べるには便や吐しゃ物を調べることで分かります。基本的にこのウイルスに感染すると薬での治療を行うでしょう。安静にしながら治療を行うようにします。できるだけ医師の指導に従いながら薬による治療を続けていくようにしましょう。

病院で処方される薬と処方されない薬

ノロウイルスに感染してしまった場合は、薬による治療が主になってきます。基本的にこの薬はウイルス自体に効果が期待できるものではありません。症状に対して効果を発揮する薬なのです。その為、抗生物質が処方されることはないでしょう。一般的にノロウイルスに感染してしまうと2日から3日は安静して症状が収まるまで様子を見ます。病院で処方される薬として有名なのがオフェルミンなどの整腸剤です。また、吐き気度目などを処方されることが多いでしょう。症状を抑えることで、より症状が回復しやすくなると言えます。また、下痢や嘔吐を抑えることにより脱水症状なども防ぐことができるのです。基本的に下痢止めの薬を処方することはありません。自己判断で下痢止めを使用すると、かえって治癒が遅れてしまう場合があるので注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加