ノロウイルスに感染しないために対策しよう

レディ

水分補給

横になる人

症状が酷い場合は点滴が必要になる

一般的なノロウイルスの治療方法は安静にして、ウイルスが体外に排出されるのを待つことです。体外にウイルスが排出されることで症状が和らいでいきます。また、吐き気などの症状は薬で和らげることができるので有効に活用していきましょう。楽に治療を行えるようになるはずです。また、自分で水分補給ができる状態なら、できるだけ他人との接触を避けながら安静にしておく必要があります。ノロウイルスは感染力がとても強いので、他人と接触しないようにすることが大切なのです。ですが、下痢などによって脱水症状が進んでしまっている場合は病院などで点滴を打つ必要があります。基本的には点滴を打つ程、症状が酷くなることはありませんが万が一の場合は点滴を打つことも必要になってくるのです。

経口補水液を利用して水分補給をする

ノロウイルスの治療中に気をつけたい事と言えば、水分補給です。下痢や嘔吐で体内の水分が減ってしまいます。こまめに水分補給をするように心掛けましょう。また、水分補給が十分でない場合は、脱水症状を引き起こしてしまうことがあります。また、脱水症状とは単純に水分だけではなく、ナトリウムなどの塩分も失われている状態です。めまいや頭痛などの症状が現れることもあるでしょう。できるだけ、ナトリウムなどの塩分やミネラルなどを含んだ経口補水液を摂取するようにするのがベストです。水やお茶の場合は体液が薄まってしまうことがあります。また、スポーツ飲料は糖分が多いので摂取しすぎると急性の糖尿病を発症するリスクもあるのです。できるだけ経口補水液を摂取してノロウイルスの治療に取り組みましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加