ノロウイルスに感染しないために対策しよう

薬の処方

万が一ノロウイルスに感染してしまうと、自宅などでの治療を余儀なくされます。病院からは薬が処方されますが、処方される薬と処方されない薬があるのでしっかりと勉強しておきましょう。

対策とは

手洗いをしっかりと行うようにする

毎年、ノロウイルスに感染する方が跡を絶ちません。しっかりと対策を施すことが必要になってきます。一般的に推奨されているノロウイルス対策が手洗いです。しっかりと手洗いをすることで、病気を未然に防ぐことができます。手洗いの目的としては手指に付着しているウイルスを減らすことです。帰宅時やトイレの後、食事前などにしっかりと石鹸を使って手を洗うようにしましょう。特に食事前とトイレの後には入念に手洗いを行います。また、外出先で手洗い場がなく、すぐに手洗いができない場合は消毒用エタノールを使用しましょう。

生食には気をつけるようにしましょう

食品から感染することが多いと言われているのがノロウイルスです。特に二枚貝からの感染が多く、毎年感染者を出しています。しっかりと加熱しておけば特に問題はありません。ですが、体調が悪い方や子供、お年寄りなどが生の状態で二枚貝を食べてしまうと感染するリスクが高まってしまうのです。また、加熱が十分でない場合でも感染してしまうことがあるので注意しましょう。ウイルスは熱に弱いので加熱するのがベストなのです。また、食器類も消毒するようにします。

手に触れる物は消毒するようにする

基本的に手で触れることがあるものはしっかりと消毒することがノロウイルス対策には欠かせません。食器は特に大切で、食器から感染することもあるのです。ノロウイルスは感染力が非常に強いウイルスとして知られているので、しっかりと消毒する必要があるでしょう。基本的に次亜塩素酸ナトリウムに浸すことが大切です。洗剤などで洗浄した後に浸すようにしましょう。浸した後はしっかりと拭き取ります。次亜塩素酸ナトリウムは金属を錆びさせてしまうので、金属製の調理器具や食器はアルコールで二度拭きしましょう。熱湯で加熱するのも有効な消毒方法です。

ウィルス

原因など

ノロウイルスの原因として有名なのが二枚貝でしょう。特に牡蠣は有名で、毎年多くの方が感染しています。また、嘔吐物や下痢などが原因で感染を拡大させることもあるので注意しましょう。

横になる人

水分補給

ノロウイルスの治療に水分補給は欠かせません。水分を補給することでウイルスを体外へ排出する働きを促進させることができます。また、経口補水液を利用するのがベストと言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加